私が魚市場で働いていたときの話です。仕事の始まりは夜中の1時からとハードな条件のため、男ばかりの職場でした。そんなところに女性がアルバイトで入社してきました。私が20歳、女性は24歳と年上でした。容姿は普通にかわいらしい感じだと思います。ちなみに当時私には同い年の恋人がいました。

仕事を教える係に私がなり、通常通り仕事を教えていました。男ばかりの職場に来ただけあって女性であることを言い訳にすることはありませんでした。

そういった意味で女性らしさを感じたことはあまりなかったのですが、飲み会の時に私服を見てドキッとしました。2次会、3次会と飲み会は進み、最後その女性と2人になりました。最寄駅は同じだったのでそこでそれぞれ帰ろうとしたら、少し話そうと言われ公園のベンチで話をしました。そこではじめてメアドを交換しその日はそのまま帰りました。

それからちょくちょくメールをしたり、2人きりではありませんが飲みに行ったりしていい友達だなと思っていました。
ある日メールで当時の彼女とうまくいってなくてそのことを相談していたら、急に告白をされました。

そういうつもりはなかったので最初はごめんなさいと言いましたが、その後もアピールがあり、その度に彼女に悪いからなどと言って断っていました。そのうち、その女性からそういうだけの関係でも良いからと言うようになりました。

そんなのダメだと思っていましたがまた飲みに行って2人きりになるタイミングがありました。また公園で話そうにも寒い日で時間も早かったので私の家で飲み直すことになりました。そこで初めて関係を持ちました。

それからというもの週に1度は求め合う関係になりました。
彼女と会う回数も減ってしまうほどでもともとうまくいってなかった彼女とは別れることになりました。
その後付き合おうと言われましたが罪悪感から関係を終わりにしました。

Tags: No tags